COMPARE CASINOS

COMPARE
DELETE ALL
COMPARE
0

スクラッチカード

スクラッチカード オンラインガイド

スクラッチチケット、スクラッチャー、スクラッチ、スクラッチイット、スクラッチゲーム、スクラッチアンドウィンと、国によってその呼ばれ方が異なるスクラッチカードには、ゲームプレイの要素はありません。宝くじ売り場で購入できる被封くじ(スクラッチカード)とは、券面に予め当たり、外れが印刷された状態で銀色のカバーがかけられて、1枚200円(回によっては100円)で売られ、購入後に硬貨などでカバーを削ると結果がわかる宝くじです。1984年より発売されています。オンラインでスクラッチカードを楽しむ場合、カバーを削るのはあくまでもシュミレーションになります。興味深いことに、スクラッチカードの人気は他のどの宝くじの形態よりも急速に増加しています。

 

スクラッチカードが人気の理由

スクラッチカードの人気は、プレイヤーにとってプラス面が多いからということができます。低価格でプレイしやすいだけでなく、結果が出るのに特定の抽せん日を待つ必要もなく、プレイヤーが即結果を知ることができるという利点があります。費用対効果が高く多くのファンを引き付けているにもかかわらず、世界ではより高額な賞金を提供する高価なスクラッチカードの需要も増えています。こういったスクラッチカードは即座に支払いが行われるのではなく、数年にわたって賞金が支払われるます。

 

スクラッチカードのオッズ – その勝率とは?

カジノゲームでは最小限の労力で簡単に大きな勝利を得る方法を見つけようとする人々がいます。スクラッチカードの歴史は、増え続けるプレイヤーが、どうやって当たりのカードを見つけるかという努力の歴史でもあります。実際多くの人々が正確なオッズを計算するために、提供される賞金と販売カード数を追跡して研究を行ってきました。

興味深いのは、各回に割り当てられる当たりカードが完売しその回の賞金がすべて獲得済みにも関わらず、残りのハズレカードがまだ購入可能な場合があるということです。スクラッチカードの勝率は非常に低く(通常は1/5〜1/2.5)これが販売者の利益に繋がります。

もちろん、スクラッチカードをオンラインでプレイする場合、主要賞品がすでに獲得されているときにハズレのスクラッチカードを購入してしまうという問題は解消されます。賞品が全て獲得された場合、オンラインカジノは新しい賞品を設定したスクラッチカードの販売を開始します。

 

オンラインのスクラッチカードで賞品を獲得するには?

スクラッチカードの賞品はさまざまですが、主に購入するスクラッチカードの種類によって異なります。面白いことに、一部のカードでは一部の場所だけスクラッチするよう制限しています。これに加えて、あるスクラッチカードでは賞品を提供する店舗から獲得賞品を受け取ることができますが、代わりに、当たった場合に連絡を取らなければいけない電話番号を提供するカードもあります。また現金報酬のみを提供するスクラッチカードもありますが、他のスクラッチでは豪華電子機器や海外ツアーも提供しています。2010年以降に登場した、Macromedia FlashおよびJavaを通じて機能するオンラインスクラッチカードの場合、賞品はオンラインで獲得できます。

 
 

市場で最高のオンラインスクラッチカード

Unibet Vip Black

CasinoEuro Triple Wins Scratch Ticket

Betsson Cash Rumble x10

世界をリードするゲーム会社の1つ、UnibetのCasino Vip Black Scratchcardでは、スクラッチカードで3,000ユーロを獲得することができます。当選方法は3つ:当選数字の1つがあなたの数字のいずれか1つと同じである場合、または3つのルビーまたは3つのダイヤモンドを見つけた場合です。

CasinoEuro Scratch Ticketには50,000ユーロの豊かな見込み性があり、平均して毎ロット勝利の可能性があります。ゲームでは増強されたペイアウトを獲得するチャンスがあります。 CasinoEuroは非常に使いやすく、カジノロビーで簡単に見つけることができます。

Cash Rumbleはお手頃な野球ゲームです。1ロットの費用はわずか0.5ユーロで賞金は€10,000。平均して毎ロット勝利の可能性があります。CashRumbleは決して大きな賞金を提供していませんが、他のゲームにあきたときや暇つぶしに気軽に楽しめます。モバイルでプレイすることもできます。

 

日本で販売されているスクラッチ

日本で販売されているスクラッチは宝くじの一種です。

販売額は1口につき200円のものと300円のものがあり、宝くじ売り場で購入できます。インスタントくじの名称で1984年に発売が開始され、当時は銀はがし方式でした。2001年からスクラッチ印刷方式に改められると共に名称が「スクラッチ」となり、テレビコマーシャルその他の宣伝活動でもスクラッチの名称が用いらています。

開封くじやミニロト、ロト6にくらべ比較すると高額当せん金を設定していることは少なく、その分1万円〜10万円程度の当せん本数を増やし、相対的に当せん確率を高めたものが多いのが特徴です。ただし、一部は高額賞金(1000万円もしくは2000万円)の当せん金を設定したものもあります。

[kkstarratings]

スクラッチカードカジノ トップ3